トップページ

育毛剤ガイドラインの詳細説明

 育毛発毛剤を使用するにあたり、薄毛・ハゲに関する知識を持っておいた方がより効果的に抜け毛が防げるので、こちらでは、育毛剤の知識を中心にご紹介していきたいと思います。

ハゲ・薄毛の原因は?
 病気や加齢といったものを除いて、一般的にハゲや薄毛の主な原因は、4大要因により起こると言われています。

1.男性ホルモン
2.生活習慣
3.ストレス
4.遺伝

薄毛の治療法に初のガイドライン 育毛剤等が効果毎に5段階にランク分け

 育毛剤や植毛など、薄毛の治療法に初のガイドラインが発表されることになった。市販されているものが、効果ごとに5段階にランク分けされる。

 脱毛や薄毛は、日本人のおよそ1,300万人が悩んでいるとされる。

 この切実な悩みをめぐり、4月、新たに薄毛治療のガイドラインが発表されることになった。

 国民生活センターの調べでは、育毛剤などのトラブルの相談件数は、この10年でおよそ2倍になっていて、その内容の多くは、「効果がない」といったもの。
そんな中、日本皮膚科学会が公表されている研究論文などを基に、薄毛治療法をその効果に応じて、5つのランクに分類される。
 
 ミノキシジルが配合された「リアップ」は、「強く勧められる」Aランクに分類されるとみられる。
同じく、男性用飲み薬「プロペシア」もAランクになるとみられる。

 一方、市販されているアデノシンやt-フラバノンなどの成分が配合されている育毛剤は、研究論文が少なく、「考慮してもいいが、十分な根拠がない」C1ランクに分類される。

街の人は、「あまり(育毛剤が)出ちゃうと、どれを選んだらいいのか悩んじゃうので、選びやすくなりました」、「何段階だろうと関係ない。定められた運命のままでいく」などと語った。
人工毛植毛は、炎症を引き起こす可能性があるとして、「行わないよう勧められる」Dランク。
また、男性にAランクだった薬「プロペシア」は、女性ではDランクに分類される。
 
 これに対し、人工毛植毛を行っている大手メーカーでは、「5段階の一番下にランキングされたのは、正直ショックでした。きちっとしたクリニックで植毛すれば、問題はほとんど発生しないと思っている」とコメントした。

 初となる薄毛治療法のランクづけに、頭髪専門クリニックの城西クリニックの小林一広医師は「自分が、どこでどういう対応をすればいいのかというのを、ある程度明確にジャッジできるという意味ではいいことではないかと思う」と語った。
学会では、4月下旬から、一般にもガイドラインを公表することにしている。

育毛シャンプー@ランキング

¶¶クチコミ高評価育毛シャンプー¶¶

▼第1位▼

育毛シャンプー部門第2位:ウーマンシャンプー

頭皮専用シャンプーの馬油シャンプー

▼第2位▼

育毛シャンプー部門第3位:ブラックシャンプー

頭皮を目覚めさせる新発想シャンプー

 育毛サプリ@ランキング

¶¶サプリで発毛・育毛¶¶

▼第1位▼

育毛サプリ「Wインパクト」

リピート率80%を越える当商品

▼第2位▼

育毛サプリ「Hatto」

フサフサ大人気育毛サプリメント

女性用育毛剤@ランキング

¶¶女性のための育毛剤¶¶

▼第1位▼

女性のための育毛剤「花蘭咲」

全額返金保証付き!優しい養毛料

▼第2位▼

薄毛にお悩みの女性のための育毛剤「リリィジュ」

女性型脱毛に対して84%の効果

▼第3位▼

女性に支持されている育毛剤「柑気桜」

テレビで大人気!薬用育毛剤【柑気楼】

国内育毛剤@ランキング

¶¶クチコミ高評価国内育毛剤¶¶

▼第1位▼

酸素の力で頭皮が若返る「M-1育毛ミスト」

発毛育毛ミスト[M-1]

▼第3位▼



S─1 無添加シャンプー

↑【急上昇ベストランキング入り】↑